<第10回 龍馬旗争奪西日本小学生野球大会 in 高知>【Aチーム】

2021年7月30日から高知県で行われました
【第10回 龍馬旗争奪西日本小学生野球大会】に参加してきました!

2021年度のAチームとして初めての全国大会です。
開会式ではほとんどのチームがのマクドナルド杯出場チームのワッペンが付いており、
どのチームも「ウチは強いで」という力強い雰囲気が滲み出ていました。
それに比べて桂友の選手はジャンケンしたり、お喋りしたり、、、
全国大会でもいつも通り緊張感のない可愛さでした。

さて、試合はというと、
本選1回戦では愛媛県の代表チーム桜井クラブさんと対戦しました。
1回2回と安打を浴びて失点してしまいましたが、3回以降は互角(?)に戦う事ができました。結果は敗戦で、全国レベルを経験することができました。
ヒットはいつもより多い6安打と、初めての全国大会ですが選手は頑張ってくれたと思います。

翌日からは、龍馬旗出場チームから選ばれる【岩崎弥太郎杯】に出場させて頂きました。
初戦は相手さんの都合により不戦勝。
その翌日の優秀チーム決定戦では徳島県の代表チーム沖洲潮風さんとの対戦。
桂友クラブお得意の投手戦になり1対0の僅差の勝利。

見事に優秀チーム賞のトロフィーとメダルをゲットしてくれたことは大きな成果となりました。

今大会では、クジ運が非常に良くて、
全日程を【安芸タイガース球場】でプレーする事ができました。
プロの選手が使用する施設で野球ができて本当に貴重な経験が出来ました。本球場もそうですが、サブグラウンドも室内練習場もビックリするぐらい綺麗でした。
また、高知県少年野球連盟の皆様がとても気さくで、優しく接して頂けて、幸せな時間を過ごすことが出来ました。
コロナ対策でしっかりと規制しながらも、遠方から来た桂友クラブを楽しませてくれた皆様に本当に感謝です。

遠い夢ですが、桂友クラブの選手が十数年後プロになり、この安芸タイガース球場に戻って行ってくれたらいいなと密かに思ったりしています。

最後になりましたが、
大会に帯同して頂いた保護者さん、高知まで応援に来て頂いた保護者さん、さすがに応援は難しくても選手を全国大会に送り出して頂いた保護者さん、全員のご協力のおかげで目標にしていた【龍馬旗】に出場することができました。
本当にありがとうございました。

3泊4日の桂友クラブ 真夏の大冒険は無事終わる事が出来ました。
6年生は一生の思い出に、5年生は2年連続出場に向けての刺激に、
なったと思います。

本当に疲れましたが、家に帰ってみれば「楽しかったし、また全国に行きたいな」と思います。
選手達へ、
来年でも、中学でも、高校でも、いつでもいいのでまた全国大会に連れて行ってください!
これからも応援しています。