〈優勝〉【Aチーム】 第5回 仁左衛門杯争奪学童野球大会

今季3度目の優勝!
仁左衛門杯は73チームが出場する京都西京支部で最大の大会になります。

決勝戦の相手は、
朝に天下一品杯で敗退した長岡京BBスポーツ少年団さん。
同じ日に同じ相手さんと大会の準決勝と決勝を戦うという珍しい日程でした。

決勝戦は2-1で勝利!

この決勝戦は5年生が大活躍でした!
6回は背番号6のレフト前ヒットから始まって、背番号11の同点タイムリー。
7回は背番号16のセンター前ヒットからランナーを溜めて、最後は押し出しの1点で勝ち越し。
中でも僕が思う最高のプレーは背番号15のランナーコーチ。6回のタイムリーヒットは浅いレフト前でしたが、瞬時に判断をして腕を回し2塁ランナーをホームへ。ギリッギリのセーフというプレーでした。なかなか怪我などで野球が出来なかったけど、あの判断ができるのは凄いと思います。
もちろん他の選手もベンチからの【声】がいつもながら大きくて、ほんとにチームを盛り上げてくれました。
背番号6から16は全員5年生。ほんとに最高のプレーをありがとう。

この決勝には4年生以下の選手も応援に来てくれて、
一生懸命Aチームを応援してくれました。
優勝の瞬間はAチームと同じように「小さいお手て」でNo1ポーズ。
みんなの声聞こえてたよ。応援ありがとう。

2021年、最後の最後に桂友クラブ全学年が団結して優勝できたことが嬉しくて、本当に感動しました。
みんな本当に優勝おめでとう!